www.fishgoestocamp.com

.

.


キャッシングした時、支払う時には利子分を含めての払いになるのは誰もが知っていると思います。金融会社は利益を目当てとした企業ですから当然です。とはいえ返済する方は、わすかでも少なく支払いたいというのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が実行される前は年間30%近い利率返済していましたが、施行後は高利率でも年18%位ととっても低く設定されていますので、相当お得になった気がします。この頃の融資の金利の枠は4%位から18%位の枠に定められていて、利用可能額により決められます。利用可能額は申請者の与信によって決定します。総量制限により一年の収入の1/3までと設けられていますので、年収がいくらなのか?どのような職についているのか?カードの使用状況はどうなのか?などが見られ与信限度額としてカードの内容が決められます。カードキャッシングの場合利用可能額が10万円〜800万円(各会社で利用可能額は変わります)と広い幅があります。こうしてその範囲の中で決められた利用可能額により利率も決まるはずです。50万円なら年間18%、300万円なら12%、800万円なら年間4%といった感じになるはずです。要するに信用度が高評価であれば、貸付可能金額も高くなり、利率も低くなります。これに違和感を感じるのは私だけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、それらの事実は無論問題がない事のはずですが、収入の高い人がローンサービスの必要があるとは考えずらいですし、もしお金を借りたケースでも利息が良かろうが悪かろうがお金を返す事に追われる事はないです。反対に一年の収入良くない人は咄嗟に必要だから借りるという人がいて、利率が良くないとお金の返済に困ることになります。ですから借り入れ可能幅の少ない人にこそ低利率で利用できるようにする必要があるのではないでしょうか。この主張は活用する自分が置かれている立場としての意見となります。この事実を踏まえて、利子を良くする為にはどのようにすれば良いのか何となく気付いたと思います。実際、これから述べる方法で、申請する人が多いので知らせますと、カードローンの手続きに申込みをする際に、年収の1/3ぎりぎりの利用限度額まで申し込むのです。年収450万円なら150万円。キャッシング審査で満額通ればその分利息が低いキャッシングカードを持つことができます。であってもMAXギリギリまでキャッシングしなければいけないというわけではありません。5万円でも50万円でも必要な金額だけ使えます。また利用限度金額が300万円で最低金利年間7%位のローン企業も存在しますので、その企業に申し込めばその業者の最低利子で受ける事ができるようになります。どう感じましたか?アプローチ次第で低金利のキャッシングできるカードを持つことが出来るのです。自分の年の収入とローン会社の利率を比較し、調べる事に時間を費やせば、より満足できる契約でキャッシングできるのですから、しっかり調べるようにしなければなりません。